新着順:26/294 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平和をつくる人々 マルチンニーメラン牧師の言葉

 投稿者:みさ子  投稿日:2015年 2月15日(日)15時56分25秒
  通報
  今こそ、朝日新聞バッシング&デング熱報道!この陰に何があるのか?メディアリテラシーを磨いておかないと大変な時代に呑み込まれていきます。安倍政権怖いです。次はあなた&私です。とても長い文章ですが、これから起きること、時代を読み解く力を1人ひとりが身につけておかなくては・・と思いメッセージを送らせていただきます。どうぞ、お時間が許せばお目通し下さい。写真は応援したい方々

★マルチン・ニーメラ牧師の言葉を教訓にしましょう!

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

☆マルチン・ニーメラ牧師の言葉(よく知られている日本語訳)☆
『ナチスが共産主義者を襲ったとき、自分は少し不安であったが、自分は共産主義者ではなかったので、何も行動に出なかった。
次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者ではなかったから何も行動に出なかった。
それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人などをどんどん攻撃し、そのたび自分の不安は増したが、なおも行動に出ることはなかった。
それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。そこで自分は行動に出たが、そのときはすでに手遅れだった。』

私は共産党ではありませんが、6月議会にて、共産党機関紙「赤旗」への弾圧に勇気を出して声をあげました。これはこれからの歴史の中で見過ごせないことの始まりだと思ったからです。ニーメラン牧師が教えてくれたことを今に活かさねば・・・。

そして今、「報道ステーション」の岩路ディレクターの不審死、「朝日新聞」バッシング+代々木公園の「デング熱」騒動です!

デング熱の真相は何だったのか?9月28日川内原発再稼働1万人鹿児島集会(天文館)の前段である9月23日東京集会(代々木公園)は突然のデング熱騒動で、東京・台東区の亀戸中央公園に変更!権力って何でもするし、できるのですね。恐いほどに・・・

「福島原発事故がコントロールできている!」国際社会に向け大嘘を平気で発言した安倍総理こそ謝罪すべきなのに、そして福島の避難民の保障も出来ない安倍総理が、川内原発の避難計画を了承!という「立派な嘘」は悲しいかな、原発事故が起きた時でないと嘘だった!と証明されない。安倍総理の嘘が分かってももうその時は遅いのです。「避難計画を了承!」さすがに抗議しにくい宣言だ。避難計画をきちんとやって!の声にこたえたふりをして、それを望む脱原発運動を逆手にとって、「再稼働ありきの推進側」の落としどころにしたわけだ!http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3816.html

原発事故から被曝せずに避難するなんて無理なことだが、総理がOKというと絵空事なのに奇蹟でも起きるように受け止める人は、再稼働しても大丈夫だと刷り込まれるだろう!もちろんそこが狙いだからね~。何と悪智恵の働くことか!そうやって再稼働に反対だったり不安に思っている約6割と市民運動を分断するのかも知れない。お金と悪智恵と御用学者で世論をつくろうというわけだ。

そんな時、朝日新聞をたたいて嘘つき新聞のように刷り込んでおけばOKだし、東京新聞、毎日新聞、日刊ゲンダイ等・・・自己規制してくれればいいわけだ。思い起こせば、首相官邸前の金曜行動も初め、赤旗しか報道しなかった。報道管制がしかれていなくても自己規制して報道しなければ権力の想うツボ。そうやって皆なコントロールされていく、いつか来た道を知らず知らずのうちに歩んでいるのが、今、今この時なのだ。つまり戦争前夜ということ。

昨夜、疲れていたけれど息子に誘われて、ガーデンズシネマで「ファルージャ」を観た。ヨカッタ!ぶれない高遠菜穂子さんに勇気をもらった。

笑顔で本当に戦場の弱い人たちに寄り添って屈さない行動。自衛隊がやって来たので彼女たちは人質にされた。彼女たちの命と自衛隊撤退が交換条件となったけれど、当時の小泉総理は自衛隊を撤退させなかった。郵政民営化もそうだけど、小泉さんがこのようなひとつひとつを総括し国際社会にお詫びしてケジメをつけてくれたら、改めてオンカロ以降の彼の脱原発を信じようと思う。そして今の政権にブレーキをかけてくれたら・・・。小泉氏の改心を信じてもいい。

アフガンで活動する中村哲医師・・・日本の自衛隊がくる方が危険!と、26年間の長きにわたりアフガン支援活動を続けてきた中村哲医師もさんの見解は素晴らしい。9条は、僕らの活動を支えてくれるリアルで大きな力 !と中村哲医師はいう。http://www.magazine9.jp/interv/tetsu/tetsu.php

参考になるブログです。
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/323.html
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3893.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3819.html
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/858.html
 
》記事一覧表示

新着順:26/294 《前のページ | 次のページ》
/294