teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


状況終わりまで粛々との巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 6月17日(土)07時57分40秒
編集済
  昨日は、会長同伴にて、司令へご挨拶を済ませ、その足で、地主様にご挨拶に伺(うかが)ったところ、所長、業務部長様に対応していただき、長年の、御厚誼(ごこうぎ)に感謝を述べさせていただきました。

またその際には、懇親なお言葉とお見送りを頂戴し、感激も新たに、社を辞しましたこと、ご報告させていただきます。

古来我が国には、「発(た)つ鳥、後を濁(にご)さず」という厳格な作法が脈々と流れ、受け継がれております。

海軍士官などは、引越しの際、お世話になった下宿屋やアパートの畳を新調していったということが、語り継がれており、そこには溌剌(はつらつ)とした、清新な気持ちが伝わってきます。我が隊も、この事例に漏れず、撤収作業、粛々(しゅくしゅく)と完了致すつもりにしております。   4中隊  たぬ
 
 

厳正なる因果律の巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 6月14日(水)07時26分7秒
  日々の生活様式において、晴耕雨読とはいかないものの、小生を含め、農作業に従事している者にとっては、この雨不足、いささか心配だが、梅雨前線が北上しない限り、雨はしばらく望めないと思われる。

昨年も同じ状況であったが、梅雨の後半から持ち直し、自然の恵み、運行の正確さに、感謝した記憶があり、年齢を重ねるごとに、その関わりを、強く感じさせられる気持ちになっていくのは、小生だけであろうか。    4中隊  たぬ

 

狙いは良型の鰺(アジ)かなの巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 6月 8日(木)05時56分16秒
編集済
  大物釣りの整中長が、2馬力とは解(げ)せませんが、お年を召され、近場でシコシコと・・・・・(笑)。かくいう小生も、ちゃんころ製2馬力と米国製電動船外機ミンコタを併用、野波瀬湾を駆け巡っておりました。

この時期に狙うのは、旬で最高の鯵以外にありません。皮と身の間にたっぷりの脂を蓄え、1年で一番油の乗る季節、ただしアニサキスに注意(笑)、それと鱚(キス)、これも清流、鮎(あゆ)の解禁と対比されるように大物が釣れてきます。機会を見て釣行致したいものです。     4中隊  たぬ
 

ハンガー清掃作業のお知らせ

 投稿者:小野田航空隊本部管理中隊  投稿日:2017年 6月 5日(月)06時57分45秒
  14年の長きに亘って、航空機材の搬入・保管等に活躍したハンガーへ最後の清掃・撤収作業を実施いたします。状況開始は、以下記載まで、近隣の中隊長は参集願います。

日 時 6月25日(日) 1100より

                 本管運用訓練幹部
 

小野田航空隊解隊のご挨拶

 投稿者:小野田航空隊本部管理中隊  投稿日:2017年 6月 2日(金)06時57分41秒
編集済
  平成14年12月発足より、平成29年5月14年6ヶ月の長きに亘り、小野田航空隊として活動を続け、その間、会長・司令・隊員各位並びに地主様はもとより、関係諸機関各位の支援・ご協力は絶大なものでありました。

ここに、あらためて、深謝の意を評するとともに、関係各位、益々のご発展を、祈念するばかりです。重ねて、御礼を申し上げ、感謝の念を捧げたいと存じ上げます。      小野田航空隊本部管理中隊
 

敵はあなたの隣にいるの巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 5月24日(水)07時03分17秒
編集済
  イングランド中西部マンチェスターで発生した、コンサート会場内の爆破テロ事件は、20人以上の死者を出し、今後類似した事件の発生の多発が、心配され、日常生活においても、一般市民をも無差別に標的にされるという、おぞましい風潮となってきた。

犯人の目的や、外部関係組織の意図は不明だが、昨今は、単なる厭世的(えんせいてき・世の中が嫌になること)な理由や、病気を苦にして、一般市民を道連れに、自殺目的で、ことを行うといった、誠に許しがたい犯行も、激増していると聞く。

警備関係者の労苦も、如何許(いかばか)りかと推察するが、何よりも自分の身は、自分で守るという、意識が大切で、不用意に多く人が集まる所などに、安易に近づかない、また脱出経路などを常に頭に入れておくなど、それ相応の意識改革も必要となってくるであろう。   4中隊  たぬ
 

こりゃたまらんの巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 5月20日(土)06時22分57秒
編集済
  来年秋季、欧州旅行を計画し、シベリア鉄道を使用してと思っていましたが、意外に経費がかかることと時間の配分を考えれば、台湾で出会った欧州出身の若者たちの口からは、異口同音に,「今時お金と時間の無駄だよ、エージェントなら話は別だが・・・・」という意見が多く、なかなか怜里冷徹(れいりれいてつ)な物の見方をしているのには感心いたしました。ここでいうエージェントとは諜報員のことです。

オランダのトーマスという若者はロッテルダムの自宅の住所と連絡先を教えてくれ、欧州訪問の際はぜひ連絡してくれとのこと、帰国してメールのやり取りをしていますので、来年行くことになればまた楽しみが増えるということになりそうです。

他にも、ドイツ、英国、ポーランド、フィンランド、ベトナム 、マレーシアの若者などとのメールのやり取り、帰国して、英語力のなさを痛感しながら、なんとか体裁だけは整えていますが、それでも日々どっさりメールが入ってきますので、その対応に追われる毎日です。とほほ・・・。  4中隊  たぬ

 

今の各国指導者は

 投稿者:じいさま。  投稿日:2017年 5月19日(金)08時59分54秒
  私はその片鱗もありませんが、我が郷土をお褒め頂きありがとうございます。

時が時なら四中長殿は日本を世界の頂点に導かれていたでしょう、今から

でも、いや今だからこそ想いを強く持ちお導きをお願いいたします。
 

人と土地柄の特性の共通点とはの巻

 投稿者:紅の狸  投稿日:2017年 5月19日(金)07時51分34秒
  光は伊藤公を筆頭に、近代日本史の中枢をなした人々を、これでもかと輩出した、萩と双璧をなす稀有な土地柄で、偉人輩出の理由は定かではありませんが、向学心に燃え、中央志向の若者が数多(あまた)いて、それを支える篤志家(とくしか)も多かった聞いております。

捕中長のお人柄にも、その片鱗(へんりん)を垣間見(かいまみ)ることが多々有り、人を育て、育成することの大切さを、再認識させられる、今日この頃です。さて、思い起こすに、今更ながら、昭和15年頃、松岡翁と石原将軍が日本の舵取りを行っていたらと・・・・悔やまれてなりません。   4中隊  たぬ
 

我が光市

 投稿者:じいさま。  投稿日:2017年 5月18日(木)11時21分35秒
  御無沙汰をしています。総会でお出会いできる事を楽しみに

しています。

いろんなお考えをお持ちの方もおいでですが、光市にも歴史にお名前を

残された方々がおいでです、伊藤博文、四中長のブログに書かれています松岡洋右さん、

松岡満寿男で検索をすると名前の由来等いろんな事が知ることができますね。
 

レンタル掲示板
/268